スクール オブ ホメオパシー

お問い合わせ
School of Hopeopathy
Alternative Training

ディプロマ基礎コース

ホメオパシーの基礎的な理論を学びます。ホメオパスを目指す方には、基礎を形づくってゆく入口となるコースです。ホメオパスを目指すかどうかはまだ決められないけれど勉強をはじめたい方にもお薦めです。

学習時間の目安:  1年
学習内容:  ユニット1~ユニット7
オプション(必須ではありません): ワークショップ、サマースクール、ホメオパシー国際セミナーへの参加

このコースでは、ホメオパシーの基礎理論を体系的に学びます。哲学や、マテリアメディカ(レメディーについて書かれた本)を学習するための様々なアプローチを学びながら、ご自分にとってベストな勉強のスタイルを身につけていきます。アプローチはハーネマンとケントの哲学に基づきます。

ディプロマ基礎コースで学ぶこと

ハーネマンとホメオパシーの歴史/類似の法則/プルービングの科学/マテリアメディカの体系/ホメオパシー薬局/病気の象徴的、医学的理解/生命力ヴァイタル・フォースとそれに基づく生命の理解/精神と身体の相互作用への探求/ヘリングの法則/徴候と症状/急性と慢性のケースの取り方/受容的であるべき時、能動的であるべき時、どのような質問をするのか/何が癒されるべきかを感受する/症状のヒエラルキーと重要度の評価/急性、慢性、医原性の病/罹病性/両極性の原則/レパートリー/ルーブリックスの理解/マテリアメディカの学びを支えるもの-レメディの特徴と真髄の探求

学ぶレメディー

アコナイト(Aconite)、アルニカ(Arnica)、アージニット(Argentum Nit)、アーセニカム(Arsenicum Alb)、オーラム(Aurum)、バライタ・カーブ(Baryta Carb)、ベラドンナ(Belladonna)、ブライオニア(Bryonia)、カレンデュラ(Calendula)、カルクカーブ(Calcarea Carb)、カーボ・ベジ(Carbo Veg)、コースティカム(Causticum)、カモミラ(Chamomilla)、ユーパトリウム(Eupatorium)、フェラム・フォス(Ferrum Phos)、ジェルセニウム(Gelsemium)、イグナシア(Ignatia)、イペカク(Ipecachuana)、ラケシス(Lachesis)、ライコポディウム(Lycopodium)、メドライナム(Medorrhinum)、マーキュリー(Mercurius)、ナットムール(Natrum Mur)、ナックスヴォミカ(Nux Vomica)、フォスフォリック・アシッド(Phosphoric Acid)、フォスフォラス(Phosphorus)、プルサティーラ(Pulsatilla)、ルストックス(Rhus Tox)、セピア(Sepia)、シリカ(Silica)、スタフィサグリア(Staphisagria)、サルファー(Sulphur)、トゥバキュライナム(Tuberculinum)

修了証書

ユニット1~7を指導員の添削を受けて修了した方に、ディプロマ基礎コース修了証書(Foundation Certificate)が授与されます。


受講申し込みフォーム