スクール オブ ホメオパシー

お問い合わせ
School of Hopeopathy
Alternative Training

学習の進め方

自宅学習とスクーリングを、効果的に組み合わせながら学んでゆきます。

自宅学習

イギリスの通学コースとほぼ同じ内容のプログラムを、ご自宅で学ぶことができます。いつからでも始められ、ご希望に合わせて学習のペースを調整できる柔軟なプログラムです。

学生一人ひとりに、指導員がつきます。指導員はプロのホメオパスで、コース修了まで、課題の添削を中心に、質問のやりとりなど学ぶうえでの様々なサポートを行います。

指導員とのコミュニケーションは、通信環境にあわせて、メール、Skype(インターネット上での通話)、お電話、または郵便を組み合わせて行います。

学習は、各ユニットごとに、テキストに沿って進めます。テキストの説明や図、参考図書の必要な箇所を熟読しながら、理解を深めてゆきます。学習の進度は、テキストにある評価テストとモデル回答でチェックできます。

各ユニットの学習を終えたら、課題に取り組み、指導員に郵送します。指導員は添削のうえ、課題を返却します。

じっくりと自分で考え反芻しながら学ぶことで身についてゆく力は、その後のクライアントのケーススタディーでしっかり活かされてきます。

スクーリング

様々な形でのスクーリングを予定しています。スクーリングでは、講師や他の学生と共に、質疑応答やグループワークを交えながら学ぶことのできる楽しい機会です

・イギリスでのサマースクール
毎年または隔年、6月の4~5日間の日程で、イギリスのスクール オブ ホメオパシーで学ぶサマースクールを予定しています。豊かな自然に囲まれた学校で、校長のミッシャ・ノーランドをはじめ本校の講師陣から学べる素晴らしい機会です(日本語通訳あり、別途参加費) 。
・ワークショップ
毎年3~4日間の日程で、 東京でのワークショップを予定しています。ワークショップでは、日頃の疑問や今後の学習の進め方などを、講師と自由にお話いただけます。また同じ通信教育で学ばれている方々と、情報交換をしたり、交流を深めていただけます。またケースをクラスで分析するなど、通学ならではの授業を展開します。講師には英国からディビット・マンディ先生、日本支部代表の永松幸和先生などを迎える予定です。
・ホメオパシー国際セミナー
毎年3日間の予定で、日本ホメオパシー振興会が東京で開催するホメオパシー国際セミナーに参加できます。世界第一線で活躍するホメオパスから、直接講義を受けられるまたとないチャンスです(日本語通訳あり、別途参加費) 。