スクール オブ ホメオパシー

お問い合わせ
School of Hopeopathy
Alternative Training

ホメオパシーについて

ホメオパシーは200年以上もの間、世界で親しまれてきた自然療法です。WHOによると、世界で活用されている療法のなかで2番目に大きな規模と言われています。インドと南アメリカで最も広まっていますが、ヨーロッパでも3千万以上の人々が活用しています。

ホメオパシーという名前は、「似た苦しみ」を意味するギリシャ語に由来します。「似たものが似たものを治す」というホメオパシーの原理をもとに、創始者のサミュエル・ハーネマンによって名付けられました。

ホメオパシーは2つの原理に基づいています。1つ目の「似たものが似たものを治す」という原理は、いくつかの切り口から考えてゆくことができますが、ここではその一つをご紹介します。

私たちには生まれつき自己治癒力が備わっていて、病気になると自己治癒力が働いて、本来の健康な状態に戻ろうとします。病気であることを表現しているのが症状で、また症状を出すことで私たちのからだは、何とか本来の健康を取り戻そうとしています。

ホメオパシーのレメディーは、この自己治癒力を呼び起こすスイッチのような役割をします。病的なエネルギーを外に押し出し、本来の健康を取り戻してゆくのを助けます。

レメディーの治癒力は、実際の臨床で用いられる前に、健康な人でテストされます。このテストをプルービングといいます。プルービングでは、レメディーが健康な人の心身に引き起こす様々な症状をみてゆき、そのレメディーの症状像を調べます。そして臨床では、「似たものが似たものを治す」という原理に基づいて、病気の人の心身の症状像に、最も似た症状像をもつレメディーを処方します。

2つ目の原理は、最小投与の原則です。レメディーは、私たちの自己治癒力を内側から発動させるもので、外側から何かを起こそうとするものではありません。ですから治癒を引き起こすのに必要な最小量だけを処方します。

ホメオパシーの特徴

  • ホメオパシーでは、私たちの自己治癒力に働きかけることで、本来の健康を取り戻してゆきます。
  • ホメオパシーでは、病気ではなく、その人全体をみてゆきます。
  • ホメオパシーは、人の存在のすべてのレベル-精神、感情、肉体-で表現されている症状をみてゆき、「似たものが似たものを治す」という原理に基づいて、その人の症状像に最も似た症状像をもつレメディーを処方します。
  • レメディーは最小量だけ処方され、速やかで穏やかに効きます。薬害や副作用はありません。レメディーの治癒力は、動物での実験ではなく、健康な人でのテストで検証されます。